多田クリニック
COVID-19対策

新型コロナウイルス
感染症対策強化について

当院では、ご来院いただく皆様が 安心してご受診いただけるよう
新型コロナウイルス感染症の対策を行っています。

当院の「新型コロナウイルス感染予防」
5つの基本対策

01.
ご来院される皆様へのご協力のお願い

  • 当院では、発熱やかぜ症状のある方と、そうでない方で、入り口・待合室・診察室を別々にしています(建物自体が別です)。来院されまし たら、入り口前にある消毒液で手指を消毒し、インターホンを押してください (インターホンを触りたくない方は玄関前から携帯電話でお電話ください) 。すべての患者さんに、発熱とかぜ症状の有無をおたずねしたうえで、ご案内いたします。

  • 発熱やかぜ症状のある方専用の待合室はスペースが限られているため、ご自身の車や屋外でお待ち頂くことをお願いすることがあります。そのため、できるだけお車でご来院ください。

  • 発熱やかぜ症状のある方は、来院される前に必ず当院までお電話ください。まずは電話にて問診のうえ、適切な対処法をお知らせします。

  • 院内に入るすべての方に、マスクの着用をお願いしています。必ずご自身のマスクをご持参ください。

02.
医師、スタッフの感染予防の徹底

  • 医師・スタッフ全員が、手洗い、アルコールなどによる消毒、マスク着用、毎日の検温、健康確認などを欠かさず行い、感染予防を徹底し診療を行います。

  • 発熱やかぜ症状のある患者さんを診察する際には、アクリル板で仕切られた専用の診察室で診察するか、防護具(サージカルマスク、 手袋、ゴーグル、必要に応じてガウン)を着用の上、診察します。

03.
院内設備の除菌

  • ドアノブ 手すり 椅子 トイレなど手の触れる箇所は、定期的に消毒液による除菌を行っています。

  • できるだけ手を触れなくてすむよう、入り口は自動ドアにし、手洗いの水は感知式センサーで手をかざすだけで出るようにしています。

  • 各検査機器、治療機器においても、使用後は、除菌対応を行っております。

04.
院内の換気

院内のあらゆる場所(受け付け、待合い室、廊下、診察室、処置室、検査室、トイレ)に換気扇をつけ、常時、換気しています。当院の換気扇は、主に交換型換気扇を採用していますので、常に外の新鮮な空気を取り入れ、室内の空気を排気していますが、室内の温度は一定に保たれています。

05.
厚生労働省、日本医師会が推奨する院内感染対策に従い、上記を実施します。

各対策をチェックリスト化し実施している、「感染症対策実施医療機関」であることを示すポスターを掲示しています。

※以前より、当院は感染予防に取り組んだ診療を行っておりますが、患者様により安心しご来院いただくために徹底しております。