〒420-0005

静岡県静岡市葵区北番町97-1

駐車場9台完備

TEL:054-271-8882

アクセス
JR静岡駅より約2.2km
国道362号線 安西西交差点からスグ
(駐車場9台完備)
バス
しずてつジャストライン 120番 井の宮線
静岡厚生病院前で下車し、徒歩3分

頭痛

慢性の頭痛(緊張性頭痛など)、片頭痛

慢性の頭痛(緊張性頭痛など)、片頭痛

頭痛は、大きく分けて頭痛自体が疾患である「一次性頭痛」(片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛 など)と、他の病気の症状としてみられる「二次性頭痛」(脳出血、くも膜下出血、脳腫瘍、髄膜炎、高血圧 など)に分類することができます。なお一次性頭痛のことを慢性頭痛、二次性頭痛は症候性頭痛とも呼ばれます。ちなみに頭痛で来院される患者様のおよそ9割は一次性頭痛で、心配する必要のない頭痛が多いです。

主な一次性頭痛(慢性頭痛)

片頭痛

脈を打つような「ズキンズキン」とした痛みが特徴で、これは脳の血管が急に拡張することによって生じるものと言われています。また吐き気が伴うこともあります。原因としては、精神的なストレスや疲労のほか、若い女性が比較的見受けられることから女性ホルモンも関係するのではないかとも考えられています。頭痛の頻度は、月に1、2度から数ヵ月に1度くらいで、痛みが出た場合は数時間~3日間程度続くと言われています。

緊張性頭痛

緊張性頭痛は、生活環境の変化やストレス、生活の乱れなどが原因で起きると言われ、重く締め付けられるような痛みが毎日あるいは週に2~3回ほど出現し、長時間続きます。

頭痛のメカニズムですが、先に挙げた原因などで肩や首の筋肉が凝り固まると、周辺の血管が過度に収縮し、神経が刺激されることで痛みが出るようになります。頭痛以外の症状としては肩こりも現れます。

痛みを解消するには、ストレスなどの原因を取り除き、さらに血管を拡張させる入浴やマッサージなどを入念に行います。